口腔外科専門医による、口腔外科専門サイト。顎関節症・親知らず・抜歯・口腔腫瘍・受け口・口腔ガン等について解りやすく解説。

口腔外科専門サイト おおくら歯科口腔外科監修
無料メール相談

口腔外科専門医による、口腔外科専門サイトのご案内

口の中をのぞいて見えるすべての組織、つまり歯や歯茎だけでなく、舌、頬の粘膜、舌の付け根、上アゴ、下アゴ、唇(くちびる)と、粘膜に隠れている唾液腺(つばを出す組織)、さらに顔やアゴの形をつくっている骨、アゴの関節など、これらに生じた病気を専門に診断、治療する診療科が口腔外科です。
(社)日本口腔外科学会認定 「口腔外科専門医」が、分かりやすく丁寧にお答えします。
 

口腔外科診療案内

親知らず 顎関節症
20歳前後に歯の列の一番奥に生えてくる歯を「親知らず」と呼びます。
狭いところに生えてくるため、歯ブラシが届かなく、虫歯や歯周病になります。また、歯並び、噛み合わせにも影響します。口腔外科専門医に相談し抜歯の必要があるか診断してもらいましょう。
物を噛むと、こめかみや耳の付け根が痛い。食事中にアゴがカクカク鳴って、食事がしずらい。朝、突然口を開けようとしたら開かなくなった。顎関節症の可能性があります。 症状を放置せず、口腔外科専門医にご相談下さい。
詳しくはコチラ 詳しくはコチラ
口の中の腫れ 口の中の病気が原因の皮膚病
口の中のガンは症状(痛みや出血)が出たときはすでに進行しています。異常を感じたときは、自分でまず口の中を鏡でのぞいてください。よく分からないときは、かかりつけ歯科医に相談したり、 口腔外科専門医に見ていただくことをお勧めします。 手のひらや足の裏にブツブツがあり、なかなか治らない場合は口の中を調べる必要があります。
かかりつけの歯科医に相談したり、口腔外科を受診しましょう。
詳しくはコチラ 詳しくはコチラ
顎(アゴ)の骨折 患者様からのお問合わせ
転倒や打撲、交通事故などでアゴに怪我をしたとき、かみ合わせが変わってしまうことがあります。
咬合(かみ合わせ)に異常を感じたら、すぐに口腔外科専門医にご相談下さい。アゴの骨折が生じていないか診察が必要です。
実際に患者様から寄せられた質問とそれに対する回答です。
詳しくはコチラ 詳しくはコチラ
抜歯や顎の手術で咬むことが出来ない方
むし歯や歯周病で歯を失った方、事故や顎の病気で歯を失った方など、
咀しゃく(咬むこと)に不安のある方に対して口腔外科専門医によるインプラント(人工歯根)治療をお勧めします
詳しくはコチラ